東邦化成産業株式会社
                プラスチックチューブ/ひも(糸)の製造・販売


会社概要



■東邦化成産業株式会社

■本社/〒171-0052  東京都豊島区南長崎1−25−3
■工場/〒189-0003  東京都東村山市久米川町1−58−17
■TEL 042−391−3615
■FAX 042−394−2455


■代表取締役社長   植木 健太郎
■監査役       植木 彰
■創立  昭和21年(1946年)8月
■資本金 10百万円

■取引金融機関
  ・みずほ銀行 池袋西口支店
  ・日本政策金融公庫 池袋支店 中小企業事業



事業


事業内容

・熱可塑性樹脂の押出成形・加工製造・販売

・不動産の賃貸


主要製品

・光通信-電力ケーブル介在用プラスチック紐チューブ・角テープ

・自動車・家電用チューブ

・ガスライター・雑貨用チューブ

・光通信ケーブル用・紐・延伸紐

・一般用各種チューブ・紐・フィラメント・延伸紐・異形断面チューブ

・メディカル用チューブ・糸・延伸糸・異形断面チューブ・シリコーンチューブ
・テーパーチューブ(異径チューブ)
・各種カット品
・その他試作研究開発




企業理念


『優れた技術を活用して、価値あるものを創造する 』




沿革



沿革内容
1946年 医薬品及び肥料の製造販売会社として創業(現・豊島区本社)
1951年 練馬工場を設置
1957年 肥料部門を廃止し、化成部を創設
1966年 大口径パイプ用押出機で製造開始
1971年 射出成型機で製造開始
1978年 練馬工場を廃止し、東村山市へ移転
1979年 社内業務にパソコンシステムを導入
1986年  押出成形でFA開始
1995年 カット部門を設置
1998年 24時間全自動製造ラインを設置
1999年 メディカル用途専用製造ラインを設置
2003年 射出成型品の製造を中止
2011年 シリコーンチューブ製造ラインを設置
2013年 インライン肉厚測定システムの導入